なぜ長寿企業は「人材育成」が上手なのか

 

日本は創業100年以上の長寿企業の宝庫と言われています。

 

なぜそんなに長寿企業が多いのか・・・長く繁栄する秘訣はどこにあるのでしょうか。

企業を長く存続させるためには、

社長や後継者だけでなく、社員一人ひとりが構成する組織が変化に対応し、

その企業の社風を体現することが必要です。

 

このような社員を育てるため、

組織構成員の相互の関係性の中で学習する方法を中心に据えているケースが多く見られます。

 

人を育てていくことが、そのまま会社を育てていくことに繋がる

「企業は人なり」といったの信念に基づいて継続しているのだと言えるでしょう。

 

使えない部下だなと感じる人が身近にいるとしたら、


あなたの指示の仕方をもう一度見直してみて下さい。

コーチングを学んでみませんか??